「桜を見る会」で首相「後援会支出ない」
異例の21分説明「出席者増は反省」 野党反発

2019/11/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安倍晋三首相は15日、首相主催の「桜を見る会」と前日の「前夜祭」を巡る問題について説明した。地元有権者を多数招いたことについて「全ての費用は参加者の自己負担だ。安倍事務所、後援会の収入・支出は一切ない」と強調した。出席者が近年増えたことには「反省しなければならない」と述べた。野党は公開質問状を首相の事務所に渡しており、今後も追及する構えだ。

首相は同日昼と、午後6時すぎからの2度にわたり、首相官…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]