沢井製薬 「準新薬」テコに米で拡販 工場集約でコストも抑制

2019/11/16付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

新薬でもジェネリック(後発薬)でもない――。有効成分は新薬と同じままに服用回数などを変えた製品のことで、開発会社が独占販売できる。後発薬大手の沢井製薬はこの「準新薬」をテコに世界最大の米国市場の開拓に挑む。国内の成長鈍化への対策だが、ハードルも見え隠れする。

準新薬は有効成分は先発医薬品と同じだが用量や投与方法などを変え、米食品医薬品局(FDA)に申請する。後発薬と比べ綿密な臨床試験(治験)など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]