/

この記事は会員限定です

(社説)環境に優しい消費へ意識改革を進めよう

[有料会員限定]

2020年7月1日からすべての小売店でプラスチック製レジ袋が有料になる。有料化をきっかけに消費者の意識が変われば、プラごみ全体の削減へ向けた大きな原動力となる。

国内で使用されるレジ袋は年450億枚とされる。欧州の多くの国や中国、インドネシアなどはすでにレジ袋の製造禁止や有料化に踏み切っているが、日本は流通業界の反発により出遅れていた。一部のスーパーが自主的に有料化に取り組んできた。だが近年は袋の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り725文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン