白金ETF、残高最高水準 金に比べ割安感

2019/11/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

プラチナ(白金)の現物を裏付けとした上場投資信託(ETF)の残高が年初から増加している。残高の合計は年初比4割増え、過去最高の水準だ。白金は金と比べ割安感があり投資家が購入しているようだ。世界的な低金利も追い風だ。

白金はディーゼル車や燃料電池車に使う触媒用の貴金属。鉱山からの供給量は年間190トンと金の産出量の17分の1で希少性が高い。欧州を中心とした世界的なディーゼル車販売の不振で、足元の国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]