「CAR-T」免疫細胞療法、肺・食道など固形がんに応用
三重大・慶大が研究 血液がんでは高い効果

2019/11/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

一部の白血病で効果のある免疫細胞でがんを攻撃する「CAR-T療法」の対象を、患者の多い食道がんや肺がんといった様々な固形がんにまで広げる研究が進む。三重大学は皮膚がんや食道がんなどにある特定の分子を目印に攻撃する方法を開発した。慶応義塾大学なども効果を高める目印となる分子を見つけた。血液のがんに限られた高い効果を固形がんでも実現できれば、がん治療を大きく変える可能性がある。

CAR-T療法は血液…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]