共通テストの記述式問題 国・数、急ぎ見直しを
東京大学名誉教授 南風原朝和 難しい正答判断/自己採点の指導、無駄   

2019/11/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大学入学共通テストの英語民間試験活用が見送りになった。文部科学省の高大接続システム改革会議委員を務め、改革の方向性に異議を唱えてきた南風原朝和・東京大学名誉教授は国語・数学の記述式問題導入についても見直しを求めている。

大学入学共通テストの枠組みで使用する英語の民間試験は、来年4月から実施される予定であったが、一転して見送りとなった。判断の大きな理由は地域格差、経済格差が埋められなかったというも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]