「女の子の青春」中国発ミステリー

2019/11/16付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

前漢時代の中国を舞台にした本格ミステリー「元年春之祭」(稲村文吾訳、早川書房)で話題をさらった金沢在住の中国人作家・陸秋槎(りく・しゅうさ)。このほど邦訳長編第2弾となる「雪が白いとき、かつそのときに限り」(同)を刊行した。現代中国の学生寮で起きた殺人事件を巡る作品だ。

設定はがらりと異なる2作だが「10代の女の子の青春物語である点は同じ」と陸。1988年北京生まれの作家は中学時代から、日本のア…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]