<世界経営者会議>多様化するニーズ 捉える
技術と人の融合がカギ サラ・カサノバ 日本マクドナルドHD社長兼CEO

2019/11/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

1971年に日本で開業して以来、ビッグマックやポテトは変わらないが、社会は変化を続けている。テクノロジーは人々のつながり方を塗り替え、高齢化が進展する中で、定年後のシニアは孤独と向き合わねばならない。

マクドナルドはハンバーガーを通じ社会につながりを生み出している。例えば、現在店舗では定年後のシニアが6200人働く。最高齢は91歳だ。体力などを考えて柔軟に労働時間を設定できる。新しい教育プログラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]