革新けん引する人材育成 小宮山宏 三菱総合研究所理事長

2019/11/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本はインフラの老朽化が進み、補修コストは100兆円規模に達するといわれる。今ある技術を集め、生産性を10倍に上げて10兆円で補修できれば、大きなビジネスチャンスだ。太陽光パネルやリチウムイオン電池のコストは10年間で10分の1になり、既存技術の組み合わせで実現した。多くの分野で最適な知の動員ができていない。激しい変化の時代に、知識の構造化をけん引できる人材の育成が最も本質的な問題だ。

日本は国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]