海外売上高を5割以上に 谷田千里 タニタ社長

2019/11/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

体組成計など健康機器の海外売上高は現在、2割程度にとどまる。国内の市場縮小は避けられず、今後10年間で5割以上に引き上げなければ生き残れない。日本で好調な企業や自治体向けに提供する健康管理プログラム、タニタカフェなどを海外でも展開したい。

加齢による運動機能などの低下が分かる「フレイル体組成計」を2月、国内で発売した。医療機関や検診施設向けで、半年で初年度目標の3倍にあたる300台を販売した。高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]