<世界経営者会議>持続可能な社会 めざして
カップ麺にも代替食材 安藤宏基 日清食品HD社長・CEO

2019/11/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

食料支援や災害物資としてカップヌードルが役立つ側面もある。今年は日本で大規模な自然災害が相次ぎ、備蓄品の需要で商品が不足するケースもあった。多くの消費者が持続可能な社会を築いていく必要があると考え始めている。こうした意識や価値観の変化は続くだろう。

最近では健康志向が顕著になっている。飲食店のメニュー表や商品に記載されたカロリーや塩分を気にする消費者が増えている。さらに環境意識が高まれば、メニュ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]