活字の海で笑いのプロ、出版界でも人気博す エッセーや新書 独自の視点光る

2019/11/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

お笑いタレントの本が活況を呈している。エッセーや新書には現実への違和感や「笑い」に対する真摯な思いがつづられる。聴衆の心をつかむプロは活字とも相性が良いようだ。

9月に出た岩井勇気のエッセー集『僕の人生には事件が起きない』(新潮社)は6刷3万部に達した。著者は人気コンビ「ハライチ」のボケ担当。ハライチは岩井が発した一言にツッコミの澤部佑が強引に乗る「ノリボケ漫才」で知られる。ネタ作りも手掛ける岩…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]