経済教室金融政策の効果と限界(上)マイナス金利から脱却急げ
北坂真一・同志社大学教授

2019/11/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日銀は10月末の金融政策決定会合で、緩和方向を意識したコメントとともにフォワードガイダンス(先行き指針)を微調整したが、マイナス金利の深掘りのような金融緩和は実施しなかった。その妥当性を検討し、今後の方向性を示したい。

日本経済は輸出が鈍化しているが内需は底堅く、回復が続いている。消費者物価上昇率の低下は原油価格下落の影響が強く、実勢として物価上昇のモメンタム(勢い)は失われていない。世界経済の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]