Neo economy昨日とは違う明日(3)中国の「成長」5分の1に 「負債」の直視、未来への責任

2019/11/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

何気なく飲む水や吸い込む空気と、魅入られるほど美しいダイヤモンド。あなたはどちらに価値があると思いますか――。

1990年代から2010年代半ばにかけて、1人当たり国内総生産(GDP)が年平均10%近く伸びた中国。世界経済の成長をけん引したが、「本当の豊かさ」を測ると、年平均の伸び率は2%と5分の1に縮む――。九州大学の馬奈木俊介教授らが国連とつくった「新国富指標」だ。

環境なども反映

GDPで測…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]