大野玄妙さん 法隆寺住職 警戒心解かす笑顔持ち味

2019/11/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

「たいていの問題の解決の糸口やヒントはここにあるんよ」。聖徳太子が制定したとされる十七条憲法を折り畳んで、日ごろから持ち歩いていた。「和を以って貴しと為し……」で始まる一連の文言は「治世の倫理綱領というより、今も通用する箴言(しんげん)集」と位置付けていた。

世界最古の木造建築として、国内で世界文化遺産登録一番乗り。国宝や重要文化財の指定件数も指折り。その法隆寺のトップなら、近寄りがたい高僧に違…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]