八千草薫さん 女優 焦らず冒険心で深めた芸

2019/11/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

19歳上の谷口千吉監督に見初められて電撃結婚したのが1957年。大胆な決断に世間は仰天した。「宮本武蔵」「蝶々夫人」で国際的にも注目され、人気絶頂のさなかだったからだ。

母親ら周囲は猛反対。看板女優として飛躍を期待した東宝の怒りも買い、映画界から干し上げられる。

「どうせ女優は辞めるつもりだったし、好きにしてよって感じでした……」

新婚旅行に真冬の上高地を選んだのはそんな時だったという。山好きで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]