春秋

2019/11/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

40年前のことである。大学受験に向け、通信教育大手の小論文講座を受けた。文中に「奈落の底」という言葉を使ったところ、返ってきた答案には波線が引かれ、「どういう意味でしょうか?」と朱書きされていた。言葉の意味そのものが分からない、との指摘だった。

▼「添削はアルバイトでやっているから、バラツキが大きいんだよ」。真偽は不明だが、通っていた高校の教師はこう解説してくれた。同じような不安を、いまの高校生も…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]