相次ぐ休場、既に7人

2019/11/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大関復帰を目指した西関脇栃ノ心(32)が右肋軟骨骨折、新入幕で初日から4連勝と奮闘していた東前頭16枚目の若隆景(24)が右足の脱臼で、ともに5日目から休場した。今場所の十両以上の休場者は横綱鶴竜、大関豪…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]