大機小機逆風にさらされるリブラ計画

2019/11/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新デジタル通貨リブラの発行計画に強い逆風が吹いている。10月には、リブラ協会の設立メンバー28社・団体から米ペイパル、ビザなど7社が離脱した。リブラへの警戒を強める金融当局との関係悪化を避ける狙いがあった。

リブラ計画を主導するフェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は10月の米議会証言で「米当局の承認が得られなければリブラをスタートさせるつもりはない」と説明した。2020年前半と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]