皇位継承議論、政府は慎重
「女性・女系」自民に消極論 野党、検討着手求める

2019/11/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は安定的な皇位継承の確保や「女性宮家」の創設などの検討を促す国会決議に慎重に対応する方針だ。自民党内で女性・女系天皇につながる議論になりかねないとの消極的な意見があるためだ。即位の関連行事が14、15両日の大嘗祭(だいじょうさい)で一段落し、野党からは議論に着手するように求める声が出ている。(1面参照

焦点となるのは2017年6月に成立した皇室典範特例法の付帯決議だ。「安定的な皇位継承を確…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]