全戸訪問の期間延長 東電HD、不在宅を再訪
柏崎原発

2019/11/15付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

東京電力ホールディングスは14日、柏崎刈羽原子力発電所が立地する新潟県柏崎市と刈羽村の全世帯を対象とした戸別訪問の期間を延長すると発表した。今月20日までの予定だったが、12月8日まで延長し、不在だった住宅を再訪問する。より多くの住民から原発に対する考えや意見などを聞く。

全戸訪問は8月28日に始まった。今年は柏崎刈…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]