/

この記事は会員限定です

桜を見る会 野党の追及続く

支持率への影響注視、政府「廃止考えず」

[有料会員限定]

立憲民主党など野党は14日、政府が2020年の開催中止を決めた首相主催の「桜を見る会」を巡る追及を続けた。野党は安倍晋三首相が後援会関係者を多数参加させるなど私物化していたのではないかと主張している。菅義偉官房長官は招待基準などの見直しを進める考えを重ねて強調した。与野党とも支持率など世論の動向を注視している。

立民の安住淳国会対策委員長は14日の代議士会で「始まりはこれからだ。収束なんて大間違い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン