米弾劾、大統領選へ攻防 ウクライナ疑惑で初の公聴会

民主、証言へ11人招致 共和、バイデン氏追及

2019/11/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領の「ウクライナ疑惑(きょうのことば)」に関する弾劾調査は米議会の公聴会に舞台を移し、新たな局面に入った。世論の支持の獲得をめぐり、与野党の攻防が本格化する。バイデン前副大統領の不正疑惑で野党・民主党も打撃を被るリスクを抱える。弾劾調査の行方が、2020年11月の大統領選に向けた選挙戦を左右することになりそうだ。(公聴会発言要旨国際1面に)

「米国の対ウクライ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]