古今東西 あの出来事超新星爆発によるニュートリノ初観測(1987年) 当初方針 転換して偉業

2019/11/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

1987年2月23日、東京大学の小柴昌俊教授(当時)らの研究チームは、岐阜県飛騨市の観測施設「カミオカンデ」で、超新星爆発で放出された素粒子ニュートリノを初めて観測した。小柴教授はこの功績により、2002年にノーベル物理学賞を受賞した。

カミオカンデはもともと、陽子崩壊という現象を観測するために作られた。鉱山跡の地下に3000トンの水をため、水を構成する陽子が崩壊する様子を捉えようとした。だが崩…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]