十字路私的年金税制の設計

2019/11/14付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

消費の急激な変動は生活に大きな影響を及ぼす。所得は変動したとしても消費の変動は望ましくない。ライフタイムで見て、定年後には所得は大幅に減少する。長寿命化に伴い寿命も延びており、老後の生活資金が必要となる。そのため、定年後の生活に備え、定年前から貯金を行うのが自然である。

将来が全て見通せて寿命が確定するのであれば、自分で納得できる貯蓄をすればよい。だが将来には長生きリスクが伴う。国は、事前に年金…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]