チャートは語る為替と日本経済(中)「通貨安=株高」は例外 購買力低下、長期的な重荷

2019/11/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

20カ国・地域(G20)で為替相場と株価の関係を分析すると、日本では当然と思われる「通貨安=株高」は世界的に見れば少数だ。円安で企業の円換算利益が膨らむことを投資家は好感するが、一方で物価や各国との貿易から見た「実質実効レート」(総合2面きょうのことば)は下がって購買力が落ち、企業は海外での投資が難しくなる。円安頼みで持続的な成長は望めない。

2000年以降、36業種別の日経平均株価と為替の連動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]