フォーカス加賀崎勝弘さん フェスを企画「埼玉愛」育む 仕掛け人つなぐ飲食店主

2019/11/14付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

埼玉県北部の中心都市、熊谷市で7つの飲食店を抱えるパブリックダイナー(同市)の代表を務めながら、地域おこし活動「ホームグロウンプロジェクト埼玉」を率いる。

もともと実家が市内の大衆食堂を営んでいた。応援団長を務めた県立熊谷高、早大を経て広告代理店大手の博報堂に入社したが、大量消費の疑問や、現場が見えないもどかしさから4年で退職。「人が喜ぶ瞬間が見える」と食堂を継いだ。おしゃれな店も増やし、出店要…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]