読書日記メディア環境学者 久保友香(3) 『江戸美人の化粧術』アイメイク 不変の努力

2019/11/14付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

ファッション誌では目を大きく見せる化粧が特集され、プリクラやカメラアプリには目を大きくする処理が搭載されている。しかしこの「大きな目」を良いとする評価基準が不変でないことを、陶智子『江戸美人の化粧術』(講談社)は明らかにする。

この本は、著者が買い集める化粧の風景が描かれた浮世絵を元に、江戸時代の化粧文化を解明する。そして浮世絵に描かれた「どの美人も、けっして目が特別に大きいということはない」と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]