米利下げ 停止の意向 FRB議長議会証言 「政策、現状適切」

2019/11/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は13日の米議会証言で「金融政策は現状が適切だ」と述べ、7月から続いた利下げを当面停止する方針を表明する。米景気は貿易戦争による下振れリスクがあるものの、金融緩和が後押しして「緩やかな経済成長が続く」と強気な見方を示す。

パウエル氏は上下両院の合同経済委員会で、議員との質疑応答に臨む。事前に入手した冒頭証言文では、金融政策について「…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]