/

この記事は会員限定です

浸水想定 自治体で格差

本社調査 最大リスクの対策必要

[有料会員限定]

豪雨災害が頻発するなか、都道府県の水害リスクへの取り組みは格差がある。(1面参照

都道府県が管理する河川で埼玉県は全国で唯一、新基準で浸水想定区域の指定がなかった。河川砂防課は「国の見直し動向をみていた。2020年5月までに対象の18河川すべてで対応する」と釈明する。

一方で、国が管理する県内の大きな河川は「1000年に1回の豪雨」を想定した最新の降雨基準に沿って浸水想定区域が更新された。埼玉県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り323文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン