鶏卵、台風停電で打撃 千葉、密閉鶏舎で大量酸欠死 卸値9月以降4割上昇

2019/11/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本人1人が年に約330個消費している卵の卸売価格に異変が起きている。引き金となったのは9月の台風による停電だ。鳥インフルエンザ対策で密閉型鶏舎が主流になっており、停電によって換気ができず鶏が大量死した。夏まで過去10年で最低水準で推移していた卸値は、9月以降1.4倍に跳ね上がった。養鶏場の「工場化」が進み、思わぬ災害リスクが顕在化した格好だ。

9月上旬に千葉県を中心に甚大な被害をもたらした台風…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]