荏原、営業益1%減の202億円 1~9月、半導体装置苦戦

2019/11/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

荏原が13日発表した2019年1~9月期の連結決算は、営業利益が前年同期比1%減の202億円だった。主力のプラント向けポンプやコンプレッサー(圧縮機)の販売は好調だったが半導体製造装置が落ち込んだ。

売上高は微減の3664億円だった。原油価格の上昇で石…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]