/

この記事は会員限定です

「融資先、粉飾決算目立つ」 地銀協会長会見

与信費用増加の一因に

[有料会員限定]

全国地方銀行協会の笹島律夫会長(常陽銀行頭取)は13日の会見で、2019年4~9月期の地銀決算について「出そろっていないが、全体として収益的に厳しい環境を反映している」と述べた。融資先の倒産に備えた貸倒引当金など与信費用が増えていることを踏まえ、「(融資先で)いわゆる粉飾(決算)が最近になってみられるようになった」と説明した。

笹島会長は粉飾決算については「個別性が強い」とした上で、「資金繰りがつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン