日本語学習者7年で2倍 ボランティア養成急務

2019/11/14付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

在住外国人の増加に伴い、国内で日本語を学ぶ人が増えている。文化庁によると、日本語学習者は2018年11月時点で約26万人に上り、7年間で2倍になった。日本語を教える機関・施設も25%増えた。日本語教師約4万2000人のうち55%がボランティアだ。

日常生活で日本語を話している日本人も、外国人に教えるとなるとノウハウが必要だ。ボランティアを育成する地域は広がっており、群馬県では県観光物産国際協会が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]