和牛受精卵輸出、起訴内容認める 元牧場主、地裁で初公判

2019/11/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

輸出が認められていない和牛の受精卵などが中国に一時持ち出された事件で、受精卵などの流出元とされ家畜伝染病予防法違反ほう助などの罪に問われた徳島県吉野川市の元牧場経営、松平哲幸被告(70)の初公判が13日、大阪地裁(増田啓祐裁判長)であった。松平被…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]