東芝、親子上場を解消 3子会社を2000億円でTOB

2019/11/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

経営再建中の東芝は上場する子会社4社のうち、発電設備の東芝プラントシステムなど3社を完全子会社化する。総額で2000億円程度を投じ、TOB(株式公開買い付け)で他の株主から3社の株式を取得する。東芝プラントシステムなどの3社は上場廃止になる見通しだ。親子上場の解消に取り組むことでコーポレートガバナンス(企業統治)の透明性を高め、技術開発や営業をグループ一体で進める。

13日に開いた取締役会で決め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]