ライフサポート高血圧などの高齢者 冬の脱水 油断大敵
こまめに飲もう 加湿も大切

2019/11/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

朝晩が冷え込み、いよいよ冬の到来を告げる季節がやってきた。室内で暖房をつける家庭も増えてきたが、高血圧や心臓病などの慢性疾患を持つ高齢者が特に注意しなければならないのが「かくれ脱水」だ。水分を取る頻度が減るうえ、空気の乾燥で気付かぬうちに脱水症状に陥ることも多い。「こまめに体調管理してしっかりと対策を」。専門家も注意を呼び掛けている。

訪問介護サービスの利用者宅に入ると、タオルを水につけて絞り、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]