/

この記事は会員限定です

羽田はビジネス、成田は観光需要 すみ分け進む

[有料会員限定]

日本発着の国際線に占める中国路線の存在感が高まっていることに伴い、羽田空港と成田空港という首都圏の2空港のすみ分けが鮮明になってきている。

中国路線の恩恵を受けているのが、チケットが安く観光客の多いLCC専用のターミナルを持つ成田だ。冬の中国便は週299便と夏の240便から25%増えた。LCCの春秋航空が上海線を新規就航し、大手の中国南方航空や中国東方航空も大幅に増便している。

対照的に、羽田はビ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り275文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン