佐賀銀、唐津市のRPA導入支援

2019/11/13付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

佐賀銀行は定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入支援サービスを始めた。佐賀県唐津市と10月に協定書を締結し、RPA導入効果の実証実験を共同で始める。ほかの自治体などからも問い合わせがあることから、地域貢献型ビジネスとして育てる考えだ。

同行は2018年2月から本部の業務効率化を目的とする「本部業務BPRプロジェクト」を開始。行員・パート全員からアンケートをと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]