ナゴヤの名企業 新戦国時代 第4部 窯業(2)車プラグ依存脱却急ぐ 日本特殊陶業 計測技術 エビ養殖にも

2019/11/13付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

エンジン点火プラグでグローバルシェア4割を握り世界最大手の日本特殊陶業が新事業開拓を急いでいる。プラグなど自動車関連売上高が全体の8割超を占めるが、点火が不要な電気自動車(EV)の普及を前に、プラグ「一本足」からの脱却を迫られている。エビ養殖や電池といった新分野に挑み、長年の懸案を払拭しようとしている。

水質や温度管理

岐阜県瑞浪市のJR瑞浪駅から車で15分。黒い巨大な水槽が並ぶ場所がある。陸上養…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]