日産、純利益66%減 今期下方修正 10年ぶり低水準

2019/11/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日産自動車は12日、2020年3月期の連結純利益が前期比66%減の1100億円になる見通しと発表した。従来予想を600億円下回り、10年3月期以来、10年ぶりの低水準となる。主力の北米など世界で販売が振るわないほか、円高で海外事業の利益が減少する。

(関連記事を総合2面に)

横浜市で開いた決算会見で、スティーブン・マー次期最高財務責任者(CFO)は「事業改革と収益力回復を進めたが、上期の進捗は十分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]