/

この記事は会員限定です

中小企業 勝ち抜く条件 迫られる変化(下) 飲食店、禁煙に動く

都条例対応、費用重く 喫煙室設置に二の足

[有料会員限定]

東京都は2020年4月に受動喫煙防止条例を全面施行する。従業員を雇用する飲食店などは喫煙室を設けない限り、原則屋内禁煙となる。中小企業や個人営業の店の喫煙室設置には都の補助金や国の助成金があるが、費用がかかることなどから設置を決めた例は少ない。禁煙店が一気に広がりそうだ。

「喫煙所を設置した後は家族連れの客も増えた」。焼き鳥小太郎(東京都八王子市)の蓑輪雅治社長は、19年3月に八王子市の店に喫煙...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン