企業の火災保険、21年にも再値上げ 大手4社、相次ぐ災害重荷

2019/11/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

損害保険大手4社は2021年1月にも、企業向けの火災保険料を上げる方針だ。浸水や強風による建物などの被害を補償するもので、19年10月に続く再値上げとなる。上げ幅は約4%を軸に調整する。18年度の自然災害で保険金の支払いが急増したことを反映する。自然災害による保険金の支払いは19年度も1兆円規模との見方があり、将来の保険料は一段と上がる可能性がある。

火災保険は企業や個人が契約し、災害があったと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]