交遊抄「バッチグー」兄貴 松田裕司

2019/11/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

1990年、会社の研究員だった私は紙やパルプに関わる技術の知見を深めるために東京大学大学院の門をたたいた。そこで出会ったのが、パルプから作る新素材「セルロースナノファイバー」の製造技術を後に確立し、各種賞を受賞した磯貝明先生(東京大学教授)だ。

米国の大学から帰国した先生は「世界でだれも提案していない論文を英語で発信しろ」と求める厳しい人。しかし、互いに静岡の出身でお茶好きとわかるとすぐに打ち解…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]