十選日本美術の中の動物(1)「見返りの犬」 千葉市美術館館長 河合正朝

2019/11/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

時にかわいらしく、時に流麗に。日本美術の中に現れる生き物の姿を追う。

考古学者の報告によると千葉市の加曽利貝塚には、ヒトとイヌを同じ場所に埋葬した例があるという。これは、縄文時代の昔から、日本人が、自然と共生する中で、狩猟や農耕の生活を、行って来たことを示している。自然を克服することで、人類は文化を生み、育んだと考えるヨーロッパの人々との間には大きな違いがある。

人間と親しい関係で、動物を造形…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]