/

この記事は会員限定です

中国経済 どうみるか(上)財政・金融政策の積極連携へ

梶谷懐・神戸大学教授

[有料会員限定]

10月18日に発表された中国の2019年7~9月期の実質経済成長率は6.0%となり、四半期の統計としては過去最低水準となった。中国経済の不調については18年後半ごろから指摘されており、このまま長引けば日本を含む世界経済に及ぼす影響が懸念される。

背景に米中間の貿易戦争があるのは間違いない。その影響が本格化し始めた18年後半から19年初めにかけて、輸出入および固定資産投資などのマクロ経済指標に低下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン