ウォール街ラウンドアップ消えた「恐怖心」と危うさ

2019/11/12付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

11日のダウ工業株30種平均は小幅ながら3日続伸。朝方には100ドル以上下落する場面があったが切り返し、史上最高値を更新した。市場では株安への警戒が大幅に薄れ、リスク資産に資金が向かいやすくなっている。ただ、市場の楽観論が過度に強まっていることを示す指標も出ている。反動のマグマがじわりと蓄積されている恐れもある。

VIXという指数にこのところ市場の関心が集まっている。この指数はデリバティブ(金融…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]