逃走の被告、大阪で確保 かくまった疑い 知人逮捕

2019/11/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大阪府東大阪市の交差点で、保釈が取り消された大植良太郎被告(42)=覚せい剤取締法違反などの罪で公判中=が護送中の車から逃走した事件で、大阪地検は11日、大阪市内で同被告の身柄を確保した。9日の発生から2日。制止しようとした検察事務官2人が軽傷を負い、地検や大阪府警が行方を追っていた。

府警は11日、大植被告をかくまったとして、知人の塗装工、荻野侯昇容疑者(37)=大阪市住吉区庭井2=を犯人蔵匿…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]