エーザイ、認知症薬「敗者復活」なるか 米で来年申請 再解析で有効性確認

2019/11/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界が注目する認知症薬で異例の「敗者復活」はなるか――。米バイオジェンとエーザイは10月下旬、アルツハイマー病の治療薬候補「アデュカヌマブ」について、2020年の早い段階で米食品医薬品局(FDA)に新薬として承認申請する方針だと発表した。

アデュカヌマブは今年3月、製品化前の最終段階の臨床試験(治験)で、治験を監督する第三者機関が、成功する確率は低いと判断し、開発が止まっていた。だが治験のデータ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]