大分銀、4~9月純利益50%減

2019/11/12付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

大分銀行が11日発表した2019年9月中間連結決算は純利益が前年同期より50%減の23億円に落ち込んだ。中間決算としては2年連続の減益。一般企業の売上高に相当する経常収益は18%減の269億円だった。

超低金利を背景に貸出利息収入が減ったのに加え、前年同期に株式や投資信託の売…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]